▼ MENU

「高すぎる!」の対処法

2016年9月13日

こんにちは、

コピーライターの日下部です。

 

このニュース見ましたか?

 

ドコモも大容量データ対応プラン 大手3社横並び:日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13H2B_T10C16A9000000/

 

僕はカフェや、ファミレスなどでライティングをするときに、
よくテザリングをよくするのですが、
これはありがたいですね。

 

すぐに5GBのデータ通信がいっぱいになってしまい、
追加購入するハメになってしまいます。

 

この前は4,000円くらい、
追加で購入してしまったと思いますが、

これなら思う存分テザリングできそうで、
すぐに申し込みたいと思いました。

 

20GBのプランなら、
動画も90時間分ほど見られるそうなので、
スマホからYouTubeなどを見る人にも
便利そうですね。

 

格安SIMを使うのが良いのか、
このままSoftBankを使うのか迷いますね。

 

今日は、

そんなコピーライティングにおける

「比較」

のお話です。

 

 

コピーライティングで
僕がよく使うテクニックで、

 

「比較」

 

というものがあります。

 

いまの人って本当に比較が大好きです。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

価格ドットコムで死ぬほど
商品スペックを調べたり、

入念にYouTubeのレビュー動画を見たり、

情報商材を買う時も、
いろいろな人のレビューを見たり、

絶対に購入するときに失敗したくないから、
「比較」をするんですね。

 

もちろん、僕もしますが、
あなたもしますよね?

 

一番良いものを選びたいから、
みんな比較が大好きです。

 

そんな人たちが多いから、
僕たちコピーライターがセールスするときに
よく起こるのが、

 

「高すぎる!」

 

って問題です。

 

商品価格が20万円とか、30万円とかを販売するときに、
一般的な感覚だと「高すぎる!」となると思います。

 

そこで、

 

◯◯過ぎる!という人に対して、
僕たちが問いかけるべき質問があります。

 

それが、

 

「何と比較して?」

 

です。

 

この質問はほんとうに最強です。

 

「◯◯過ぎる!」という情報には、
基本的に比較対象が抜けています。

 

つまり、

 

その比較対象を明確にしてあげることで、
費用対効果がハッキリと明確にできるのです。

 

例えば、
1年後、20万円のスクールがあるとします。

 

もちろん、
100円のガムと比較したら高いです。

 

でも、

 

「1年後に月収100万円を
 稼いでいる生活と比較したら・・・?」

 

安く感じますよね?

 

僕たちコピーライターは
このように相手の「◯◯過ぎる!」に対して、
比較対象を明確にする必要があるんです。

 

これはどんなセールスにも使える
テクニックなので、覚えておくと良いですよ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結論:

「何と比較して?」という質問をする

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

参考になりましたでしょうか。

 

それでは、今日はこの辺で!

 

本日はコピーライターの日下部が
お送りしました。


アーカイブ

2018

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室