▼ MENU

アフィリエイターに最も嫌われる行為とそれを避けるために

2015年3月20日

 

こんにちは
Catch the Webの石原です。

 

 

本日も動画にてコンテンツを配信していきます。

 

 

その前に、下記の記事をご紹介します。

 

 

LTVを正しく理解して、永続的にビジネスを成長させよう

 

http://goo.gl/2VbCrf

 

 

▼▼以下、記事より引用▼▼

LTV= 売上 +(売上×リピート率)

目標CPA= LTV × 粗利率

▲▲ここまで▲▲

 

 

2012年とおよそ3年前の記事になりますが
LTV(Life time value)という概念、考え方を
マンガで分かりやすく解説してくれている記事です。

 

 

アフィリエイト広告運用を開始する際に
広告主との話し合いの中で、折り合いをつけるために話し合うのが
1件あたりの報酬額についてです。

 

 

上記で言えば、CPAにあたります。

 

 

この報酬額は、広告主側からすれば
できる限り低く抑えたいという思いがあります。

 

 

もちろん、低く抑えれば利益がその分うまれますから
当たり前と言えば当たり前です。

 

 

しかしアフィリエイト広告を運用し、
成果を大きく伸ばしていくことを考えますと
できる限り、報酬額を大きくしてもらったほうがいい。

 

 

その折り合いをつけるための、1つの指標として
上記の計算式から、会社としての目標CPAを算出いただき
その数値を元にお話しされると良いです。

 

 

その目標CPAは、ライバル企業と比べたときに大きければ
アフィリエイト広告市場で、

一人勝ちできる可能性がありますし

 

あまりにも大きく下回るのであれば、

そもそもアフィリエイト広告運用は
止めておいて、別の手法を使おうという考えに至ります。

 

 

 

そういった意味でも、

LTVの概念をしっかりとご理解をいただくことが
第一歩です。

 

 

ぜひ、貴社の各商品のLTVがどのくらいになるのか
お考えいただければと思います。

 

 

さて、今日の本題に入ります。

 

 

今日は

 

「アフィリエイターに最も嫌われる行為」

 

をご紹介しそれを避けるために、

どうしていけばよいかをテーマにいたします。

 

 

アフィリエイターにとって、

最も嫌われてしまう行為
それは

 

「アフィリエイト案件を止めること」

 

です。

 

 

いったいどういうことか

それを動画でご覧いただきたいと思います。

 

 

 

 

 

ここから先は動画をご覧になっていただいた前提で
記載させていただきます。

 

 

当たり前ですが、商品を販売終了にする上での
アフィリエイト広告の案件停止は、仕方のないことだと思います。

 

 

ただ、広告主の方とお話をしておりますと
ごく稀にですが

 

「3ヶ月間だけ停止をしたい」
「この月は予算を使いすぎたので、停止したい」

 

 

など、月ごとに変更を求めてくる方もいらっしゃいます。

(本当にごくわずかな方ですが)

 

 

PPC広告であれば、特に問題はありませんが
アフィリエイト広告では、

あなたの代わりにアフィリエイターさんが動いてくれて
売上がたつようになります。

 

 

ですので、

 

なるべくアフィリエイターさんが
モチベーション高く、あなたの商品を紹介してもらうように
働きかけも工夫をしていただければ幸いです。

 

 

本日もご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

 

 

石原英昭

 

 

追伸

 

 

湘南WEB通信では、

みなさんの疑問にお答えしています!

 

 

ウェブマーケティングにおいて、

疑問に思う点や気になる点などあれば
できる限り、回答させていただきたいと思います。

 

 

ご質問に関しては下記からお問い合わせいただけますと幸いです。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=82982

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室