▼ MENU

アフィリエイト広告運用で、間違ってしまいがちな報酬設定の考え方

2015年3月6日

 

こんにちは
Catch the Webの石原です。

 

 

本日も動画にてコンテンツを配信していきます。

 

その前に、下記のニュースをご紹介します。


「リンクシェア・ジャパン、
 YouTuberと連携したオリジナル広告メニューを提供開始」

 

goo.gl/P8dnMx

 

(2015年2月23日 yahoo! newsより)

 

 

▼▼以下、ニュース記事より引用▼▼

同メニューにより広告主は、
YouTuberのチャンネルに登録しているファンを含めた
YouTubeユーザーに対するプロモーションが可能となり、
商品やサービスへの理解や購買意欲を高めることが期待できる。

またYouTuberは、
大手広告主等のプロモーションを行うことが可能となり、
動画制作活動を通じた収益化の機会を増やすことができる。

▲▲ここまで▲▲


端的に言えば

 

・youtuberが、リンクシェアのプログラムを通じて、

 アフィリエイトをすることにより収益が安定する
・広告主は、youtuber(特に人気の)を通じて、

 youtubeを見ている人へアプローチができる

 

ということです。

 

ASPがリンクシェアですから、

ほぼ大手企業の案件しかないのが
痛いところではあると思います。

 

それでも、

少し前にyoutubeから

報酬額を減らされてしまった事件から考えると、
youtuberにとっては朗報と言える内容です。

 

 

また広告を出稿する企業側にとっても、
人気のyoutuberに商品やサービスを紹介してもらう
(しかもアフィリエイトで)ことで、
また1つアプローチできる手法が増えたと言うことです。

 

アフィリエイト広告業界、

ますます盛り上がっています。

 

ぜひアフィリエイト広告で、

あなたの商品・サービスを運用してみてください。

 

 

さて、今日の本題に入ります。

 

 

今日は広告主にぜひ気をつけて欲しい
「アフィリエイト報酬設定の考え方」
というタイトルで動画をお届けしたいと思います。

 

 

この湘南WEB通信でも、
何度も報酬を含めた、アフィリエイト広告での条件について
お話しさせていただきました。

 

今日は、

実際にとある広告主さんから相談を受けた事例になります。

 

 

いったいどういうことか
それを動画でご覧いただきたいと思います。

 

 

 

ここから先は動画をご覧になっていただいた前提で
記載させていただきます。

 

 

最初の購入に「縛り」を設けることは決して悪くはありません。

 

 

しかし、

縛りを設ける何かしらの「理由」がほしいと感じます。

 

 

例えば、

「しっかりと実感いただきたいので、どうしても3ヶ月間使ってもらいたい。」

という理由です。

 

 

その理由が明確であることと
納得のいく金額であれば、高い成約率を維持できると思います。

 

 

ただ、縛りを設けた全体の金額が1万円を超えてくると、
成約率が著しく下がる傾向を感じています。

 

 

オファーの金額や条件と、アフィリエイト報酬の金額など
もろもろをお考えいただきながら、
LTVを上げるための施策を一緒に考えていければ良いですね。

 

 

本日もご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

 

 

石原英昭

 

 

追伸

 

湘南WEB通信では、

みなさんの疑問にお答えしています!

ウェブマーケティングにおいて、疑問に思う点や気になる点などあれば
できる限り、回答させていただきたいと思います。

ご質問に関しては下記からお問い合わせいただけますと幸いです。

 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=82982

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室