▼ MENU

オリンピックエンブレム問題をきっかけに

2015年9月7日

 

成功企業に学ぶマーケティング

 

こんにちは。
Catch the Webの近藤です。

 

 

◆随分と進化しているエンブレム

 

最近、2020年東京オリンピックのエンブレム問題が
メディアを賑わせていますね。

 

最終的にどんなエンブレムに決定するのか?

 

気になります。

 

 

でもこれまでのオリンピックで使用されたエンブレム
覚えてますか?

 

ちょっと気になったので調べてみました。

 

 

歴代オリンピックのロゴデザインまとめ - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133933538578885601

 

 

目にして、思い出すものもあれば、
記憶にすら残ってないものもあります。

 

 

でもこうして見ると、

エンブレムもいろいろと進化してるんですね。

 

 

ふと最近思うことがあります。

 

 

世の中には、さまざまな商品やサービスが存在します。

 

もう、新しい商品やサービスはないんじゃないか!?

 

って思うくらいに。

 

そんな世の中に1つの商品、サービスだけで
ズーッと安泰な企業ってあるのでしょうか。

 

 

例えば、Apple。

 

Apple Iに始まり、今ではiPhoneやiPadを発売しています。

 

 

世界のトヨタだって、
今日までにどれほどの新車種を発表してきたでしょうか。

 

 

パナソニックだって、Googleだって、NTTdocomoだって、
手を変え品を変え、これまでにさまざまな商品やサービスを

販売してますよね。

 

 

「JRは、民間化したものの、
 ズーッと同じサービスを提供してるじゃないか!?」

 

とも思えますが、実際は駅を増やしたり、
本数を増やしたりと、国鉄時代とは比べ物にならないくらいに
進化しています。

 

 

昔ながらの味を売り物にしているラーメン屋もありますが、
実は、お客さんには気づかれないように味を進化させているようです。

 

 

ズーッと同じ味を提供していると、

人間には「飽き」というものがあり、
まったく味が変わっていないにも拘らず、
「味が落ちたな」と感じる時期があるそうです。

 

 

そう考えると、やはり1つの商品・サービスで
この先もズーッと勝負するのは危険ですよね。

 

 

◆今後も企業を発展させていくために必要なのは?

 

今後、企業が発展していくには何が必要なんでしょうか?

 

新商品?新サービス?

 

もちろん、

今後はそういったことも考えていく必要がでてくると思います。

 

 

まずは「進化」ですよね。

 

商品・サービスの進化はもちろん、
企業としての進化が必要不可欠になります。

 

 

今の商品が売れているからといって、
あぐらをかくのではなく、


どうすればお客さんはもっと喜んでくれるのだろうか?

 

 

と考えることが重要です。

 

 

企業としても、今後どういった展開が
一人でも多くの人に喜んでもらえるような商品やサービスを
提供できるのだろうか?

と考えることが重要なのかもしれません。

 

 

◆あの神田昌典さんも言ってました。

 

トップマーケッターとしても有名な神田昌典さんですが、
書籍「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」

でこんなことを言ってます。

 

-----------------------------------------------------------------------
現在は事業(および商品)ライフサイクル短命化の結果、
どの企業も成長カーブの上でどの季節にいるのかを把鐘し怠ければ、
経営の舵取りは不可能となった。
-------------引用:神田昌典『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』

 

 

ライフサイクルとは、導入期、成長期、成熟期、衰退期を新たした、

S字カーブを描くグラフです。【引用】

 

ライフサイクルに関して詳しくはこちらをご覧ください。

 

http://www.thermal-research.com/_userdata/life.pdf

 

神田さんはこんなことも言っています。

 

 

-----------------------------------------------------------------------

 

成熟期になっても、新しいSカーブが描ける場合には、事業としては存続し、

また新たな収益源を生み出すことになる。
-------------引用:神田昌典『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』

 

 

つまりは、今あるビジネスを成長させることも重要だけど、
必ず訪れる成熟期、衰退期をみこして進化していくことが

重要であるということです。

 

少なくとも僕は、そう解釈しています。

 

 

◆あなたに今できること

 

今のあなたにできることはなんでしょうか。

 

もちろん目の前にある商品・サービスを
どう展開していくか?

を考えて実行していくことは重要です。

 

 

でも、そこにだけ注力するのではなく、
どんな商品・サービスにも衰退期が必ず訪れることを見越して、
今の段階から新しいビジネスモデルを構築していく必要があるのかもしれません。

 

 

◆今日のまとめ

 

1、どんなに良い状況にあってもあぐらをかかない

2、必ず衰退期が訪れることを理解する

3、常に進化していくための行動をとる

 

◆追伸

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

湘南WEB通信では、

WEBに関する耳寄りな情報をお送りしています。

 

ただし、この情報を得ただけでは
あなたの運営するWEBサイトの売上はあがりません。

実践してください。

 

情報を得ただけで満足してしまう人も多いかもしれません。

 

情報は得ただけでは、意味がありません。

 

実践してこそ、身につき、よりいいアイデアが
生まれるものだと思います。

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室