▼ MENU

コピーがうまくなる!すぐに実践できる3つのテクニック

2016年2月29日

こんにちは、
コピーライターの日下部です。

 

今日はちょっとキャッチーな
テクニックを紹介します。

 

 

「文章が上手に書けるようになりたい」


「売れるコピーを書きたい」

 

そう思う方がこのブログを
読んでいると思います。

 

コピーという道具を使うことで、

 

・数億円のプロモーションができたり、
・週末のデートの約束ができたり、
・自分の思う通りの年収を手に入れたり、

 

あらゆることを幸せな方向へ動かすことができるのが、
私たちコピーライターという存在です。

 

しかし、扱うのは、
3歳の子供でも使うことのできる

「日本語」です。

 

その日本語で勝負する世界なのですから、
そこには確かなテクニックと作法が存在します。

 

そこで、今回は初心者でも
すぐに使えるテクニックをご紹介しましょう。

 

それは、

 

1:「一文一義」
2:「心に響かせる」
3:「読み手にストレスを与えない」

 

です。

 

 

1:「一文一義」


これは読んで字の如く、

 

「1つの文章は1つの事柄を書く」

 

という文章のルールになります。

 

文章とは、書き出しから「。」までが一文。

 

つまり、その間に2つ以上の事柄が入ると、
文章が長くなり、何が言いたいのか
わからなくなるのです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えば、これが、わかりやすい例です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

明日の11時にセミナーを開催します。

 

持ち物は紙と筆記用具になります。

 

事前に質問も受け付けますので
以下のフォームからご質問ください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
反対に悪い例は・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

明日の11時にセミナーを開催しますが、
持ち物は紙と筆記用具を持ってきて欲しいのと
事前に質問も受け付けますので
以下のフォームからご質問ください。

 

 

↑ ↑ ↑

このように長く続く文章は、

何が言いたいのか分からない、
一番の原因です。

 

だからこそ、

 

・フランクに
・ハッキリと
・明確に
・端的に
・具体的に

 

文章を書くことが、重要なのです。

 

小難しい表現や、
ちょっと凝った表現は、

その後で良いのです。

 

まずは伝わる文章を、
マスターしていきましょう。

 

 

2:「心に響かせる」

 

コピーは、読み手の心に響く文章を
つくる必要があります。

 

わかりづらい表現かもしれませんが、

 

「これ読んで良かったなぁ」

 

と思えることが重要だと言うことです。

 

 

例えば、

 

・文章に学びがなかったり、
・言いたいことがよくわからなかったり、
・読んでて「面白い」と思わなかったり、
・なんか固くてツマラナイなぁ
・なんだか、うさんくさいなぁ

 

という文章だと、意味がない、
ということなんです。

 

書き手だけが興奮した
独りよがりな文章は、
誰も読みたくありませんし、

ロボットのように当たり前で
クソ真面目なことが淡々と書かれた文章も、
誰も読みたくないんです。

 

つまり、

 

コピーは「読んでいただくもの」という
意識を根本から持つ必要があるということ。

 

そうすれば、自然と相手のことを考えた
文章になるでしょう。

 

 

3:「読み手にストレスを与えない」

 

これが結局、コピーを書く上で
もっとも大事です。

 

例えば、

一日(いちにち)と言いたいところを、

 

「アフィリエイターは一日」

 

と書くと、

 

「はー日?」

 

と読み取れない可能性が高くなります。

 

そこで、

 

「アフィリエイターは1日」

 

と書くだけで、意味の通じやすさが
まったく変わります。

 

他にも

 

・「カ(か)」と「力(ちから)」
・「0(ゼロ)」と「O(オー)」
・「行った(いった)」と「行った(おこなった)」

 

など紛らわしい文字はたくさんあります。

 

「え、こんな細かいことを気にするの?」

 

と思うかもしれませんが、
こういう小さい「気遣い」が読み手には
潜在的に伝わります。

 

・記号や数字

・イメージしやすい具体例
・言葉遣い

 

など、本当に細かいところを意識するだけで、
文章は格段に良くなるでしょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結論:

1:「一文一義」
2:「心に響かせる」
3:「読み手にストレスを与えない」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

参考になりましたでしょうか。

 

それでは、今日はこの辺で!

 

本日はコピーライターの日下部が

お送りしました。


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室