▼ MENU

トップページで買うか買わないか決め・・・

2013年12月2日

トップページの役割とスマホの関係・・・

 

売れるホームページ作成担当:広川

 

こんにちは!
Catch the Web@日本Web

コンサルタント協会の広川です。

 

 

ホームページを見る時、
基本的にはトップページから見ますよね。

 

 

このトップページの役割とはなんでしょうか。

 

どのような位置づけとして捉え、

作っていくべきでしょうか。

 

 

以前は、

 

「トップページは2ページ目以降を読ませるためのページ」

 

と言われていました。

 

 

し、私もこう言っていました。

 

 

トップページ以外の様々なページに上手く誘導し、
最終的に「欲しい」「この店に行きたい」
と思わせることがゴールなわけですね。

 

しかし最近は、ちょっと様子が変わってきました。

 

全体的に変わったというよりも、
新しいやり方が出てきたという感じです。

 

 

それは、
「トップページのランディングページ化」です。

 

トップページだけで、「欲しい」「この店に行きたい」
と思わせてしまおう、ということですね。

 

基本的には、今まで様々なページに散りばめていた
「反応を獲得するための要素」
を全てトップページに凝縮する

だけですので、特別難しい作業ではありませんし、
今までのやり方と、
「欲しい」「この店に行きたい」と思わせるというゴールまでの
持って行き方がちょっと違うだけです。

 

 

ですので、「結果は変わらないのでは???」
と思われるかもしれません。

 

 

でも、今後は後者、
つまり「ランディングページ型」のタイプが、

断然オススメです。

 

それはなぜか・・・

 

 

ずばり、スマホと相性が良いからです。

 

 

スマホはPCよりも回線が細いことが多いですし、
PCよりもボタンをクリック(タップ)しにくいですから、

なるべくページ遷移をさせないほうが良いのですね。

 

 

となると、ページ遷移をさせない前提の
「ランディングページ型が良い」
ということになります。

 

 

というわけで、
現在、各ページに遷移させるパターンのサイトをお持ちの方は、
「ランディングページ型」への移行を
考えてみてください。

 

 

スマホ対応がまだの方は、
是非、同時に進めることをオススメします!

 

「ランディングページ」
のイメージがつかない方は、
ランディングページ集めました

こちらのサイトが参考になると思います。

 

 

デザインよりも、レターの流れを参考にしてみてください。

 

 

ではまた次回!


アーカイブ

2019

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室