▼ MENU

ピケティの『21世紀の資本』から読み解くトップ1%になる方法

2015年2月27日

こんにちは。
横山ナオ@湘南Web通信です。

 

最近、いろいろなところで
『21世紀の資本』のトマ・ピケティの
話を目にします。

 

 

ピケティ氏の基本的な主張は、
豊かな人とそうでない人の格差が拡大しており、
上位1%の人が獲得する所得の割合が年々上昇しているというものです。

 

 

トップ1%の人というと
どんな人を想像しますか?

 

 

トップ1%の人というと
豪邸に住んだり、自家用ジェット乗ったり、
超高級車に乗っている人だと思っていました。

 

 

しかし、

 

実際に、日本で調べて見ると
国税庁の調査による給与所得者のトップ1%は

 

なんと、

年収1500万円でした。

 

 

この数字にはかなりびっくりしました。

 

 

年収1500万円って、
私の周りの経営者の友達の
ほとんどがトップ1%でした。

(ということを知りました。)

 

 

 

会社を何社も経営している人もいますが
その1社からの役員報酬だけでも
年収1500万円という人もたくさんいると思います。

 

 

私の周りのゆかいな仲間達は
なにげにすごい人達だったのです。

 

 

国税庁の調査の給与所得って
役員報酬も入っているのかと調べたところ

国税庁のサイトには

 

「給与所得とは、
 使用人や役員に支払う俸給や給料、賃金、歳費、賞与のほか、
 これらの性質を有するものをいいます。」

 

となっているので、

役員報酬も入っているものと考えられます。

 

 

トップ1%の年収が1500万円と聞いて、
ビックリした人は、私だけではないはずです。

 

 

この数字を見て思ったのは
「日本は大丈夫か?」
ってことです。

 

 

米国のトップ1%の人の平均年収は1億円を突破しています。

 

5%まで拡大しても約4000万円です。

 

 

日本もこれぐらいあると思っていました。

 

 

ちなみに、日本のトップ5%の平均年収は1000万円です。

 

 

私が独立した初年度の年収が1200万円です。

 

 

月100万円で役員報酬を設定しました。

 

 

そこから9年経って
今の年収は・・・

 

 

想像にお任せします。

 

 

独立した時で、トップ5%になっていたとは、
想像もしませんでした。

 

 

今回の話は、

日本のトップ1%だから
「俺ってすごいだろう」っていう話ではないです。

 

 

誰でもがんばれば、トップ1%になれます。

 

サラリーマンで年収1500万円って
かなり大変かも知れませんが、

独立起業してしっかりやれば
(正しい努力が出来れば)
年収1500万円になります。

 

 

これは、周りの人達を見ていればわかります。

 

起業するのってリスクがあるのでは
って思う人もいるかもしれませんが

インターネットを使ったビジネスなら
リスク無くはじめて、年収1000万円は稼げます。

 

 

私も、私の周りも
みんな同じようにインターネットで
ゼロから起業しています。

 

 

うちのアフィリエイトのスクールの生徒にも
年収1000万円以上稼いでいる人たちが
たくさんいます。

 

 

他のサービス購入者の中にも
年収1000万円以上は、たくさんいます。

 

 

普通にしっかり努力すれば
年収1000万円はいきますし、
トップ1%の年収1500万円にもなれます。

 

 

国際的に見て
円安が進んでいる日本のトップ1%が年収1500万円って
ドルに換算したら、年収125,000ドルです。

 

 

円が80円の頃なら、年収18,750ドルでした。

日本人の平均所得は円だけで見ても減ってるし
ドルで換算したら、もっと減っています。

 

 

日本は資産があるからと言っても
その資産の6割は60歳以上が持っています。

 

 

今の20代、30代、40代は
もっと稼がないといけないと思っています。

 

 

稼ぐと言っても
日本円だけ稼いでいても
平均所得が下がって、人口が減っている国です。

 

 

やはり、外貨を稼がないといけないと思います。

 

 

まとめると
日本のトップ1%が年収1500万円っていうのは

国際的に見たら、

ちょっとやばいんじゃないかという話と

がんばればトップ1%に十分になれるから
がんばろうって話です。

 

 

自分はトップ5%、トップ1%に入ってるという人は、
一緒に外貨を稼いで、トップ1%の平均値を上げていきましょう。

 

 

ちなみに、
ピケティは格差を減らすには
高額所得者の増税が必要だと言っています。

 

 

それを受けてか
シンガポール政府は、年収32万シンガポールドル(約2,800万円)
以上の高額所得者の所得税について、最高税率を現在の20%から
22%に引き上げると発表しました。

 

 

ちなみに、日本は年収1800万円以上4000万まで
所得税率は40%にもなります。

 

 

4000万超えると45%になり、
シンガポールの倍以上の税率です。

 

 

ある意味、
ピケティが提唱する高額所得者からの
増税は日本では既に行われています。

 

 

トップ1%の人は
かなりの税金を納めている形になっています。

 

 

収入が多い人は日本に貢献していますので、
高額所得者を嫌いにならないでください。

 

 

 

追伸

 

 

本文にも書きましたが
日本人は本気で外貨を稼がないといけないと思います。

 

 

外貨を稼いで
日本のトップ1%になれれば
本当にすばらしいと思います。

 

 

外貨を稼ぐ方法の1つとして
輸出があります。

 

 

日本の企業の多くは輸出で稼いでいます。

 

 

輸出は、円安の今は稼ぎやすいですし
インターネットを使えば、
個人でも輸出が出来ます。

 

 

是非、この機会に
外貨を稼げる、輸出ビジネスをチェックしてください。

私も輸出ビジネスに興味があったのですが

輸出ビジネスのノウハウが無料で提供されています。

 

 

この輸出ビジネスを提供している
お二人は、本物です。

 

 

このビジネスで達成できるのは、

 

 

・日本の良さを世界に広めること
・1日2時間で月収30万円稼ぐこと
・外貨を稼ぐ力を身に付けること

このすばらしい3つのことが出来る様になります。

 

 

しっかり続けていけば
年収1000万円も可能です。

 

 

すごくまっとうな
本当に稼げるビジネスを教えている信頼出来る人達です。

 

 

無料で、その二人の輸出ノウハウを学べます。

 

 

期間限定ですので
是非、チェックしてください。

 

 

http://directlink.jp/tracking/af/260195/FyIR33iq-D1Z6V2TY-BFLBHLN3/

※3月 8日(日)23:59までの期間限定・無料公開です。

 

追伸2

 

ピケティの『21世紀の資本』を読むと
投資をした方がいいと思うようになります。

 

今、日本の株が14年ぶりの高値になっています。

 

 

このタイミングで
まずは株式投資の本質を学び、
株式投資に取り組むのが
より成功確率が高まるのではないかと思います。

 

 

37万5000名以上の投資家が手に入れた
株式投資の本質を

 

・株式投資8つの誤解
 (50ページを越えるPDFレポート)
・無料メール講座

 

の2つから無料で学ぶことが出来ます。

 

 

今なら無料で手に入ります。

 

 

投資をしたことが無い人も、
無料プレゼントされている本物のノウハウなので、
このチャンスに手に入れてください。

 

 

http://directlink.jp/tracking/af/874531/wq4LqlA2-5eiSrD4h-fAOm1Nhr/

 

 

追伸3

 

トップ5%に入るのは難しくないです。

 

 

ノウハウを聞いて
行動をするのは20%です。

 

 

そして、行動を継続する人は
そのうちの20%です。

 

 

つまり、
20%の20%で4%

これでトップ5%に入ります。

 

これは本当の話です。

 

正しいノウハウを継続するだけです。


アーカイブ

2018

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室