▼ MENU

マーケッターとしての心得

2015年12月25日

 

こんにちは、
コピーライターの日下部です。

 

今日はクリスマスですね!

 

子供の頃は、クリスマスが
楽しみで仕方なかったことを覚えています。

 

特に僕はポケットモンスター世代なので、
クリスマスでポケモンのグリーンバージョンを手にして、
目を輝かせながら遊んでいたことを思い出します。

 

もし、子供が生まれたら
サンタさんになってあげたいですね。

 

あなたのクリスマスの思い出は、
どんなものがありますか?

 

 

大人になると
段々とワクワクがなくなってくるので
ちょっと寂しいです。

 

 

今日は、僕の好きな人から学んだ、
マーケッターとしての心得をシェアします。

 

それは、

「マーケッターは常に事例を見る」

こと。

 

Catch the Webでは、
毎日日報で他社の事例やライバル情報を
社員同士でシェアし合います。

 

その為、毎日最新の情報を
共有することができるのです。

 

コピーライターならコピーに関連するものが多いですし、
デザイナーならデザインに関連するものが多いです。

 

それぞれのプロフェッショナルの
気になる最新情報を得ることができます。

 

自分一人では知り得ない情報も
知ることができるので、とても良いですね。

 

やはり、アフィリエイターさんも含めて、
稼いでいる人はとにかく事例を持っています。

 

事例、事例、事例・・・

たくさんの事例があればあるほど、
コピーライティングもうまくいきますし、
アイディアの源泉になります。

 

マーケティングは理想だけでは
どうにもならない部分があるので、
常に最新の事例を見ながら、
応用し実現する方法を考えていきます。

 

何より、コピーライティングにも

 

「リアリティ」

 

が出てきます。

 

 

例えば、
コピーライティングに大切なストーリー。

 

これも実際の事例を元に書かないと、
すごく薄っぺらいものが出来上がってしまいます。

 

机上の空論よりも
リアリティのないものは無いのです。

 

実際に事例は探せばたくさんあります。

 

・テレビCM
・電車の中吊り広告
・ソーシャルメディアの広告
・キュレーションメディアの記事広告
・メルマガ広告

 

まとめ記事や書籍なども事例の塊ですね。

 

僕自身は気になったものは、
どんどん「はてブ」したりエバーノートに
保存していきます。

 

ただし、広げすぎるのも良くないです。

 

事例を集めすぎると、
何が正しいのがわからなくなります。

 

なので、ある程度自分自身の軸を持つことが
必要になります。

 

そこで大事なのが、

「師匠・学ぶ人を絞ること」

これが重要だと思います。

 

僕もこの指摘を受けて、
コピーライティングの師匠を決め、
余計なメルマガを解除しました。

 

これはみんなが言っていることかもしれませんが、
軸をブラさないためにも学ぶ人を1人、
もしくは属性が似ている人を選ぶと良いでしょう。

 

あなたが思う成功している人上げて、

「こんなふうになりたいな」

という人を目指せば良いと思います。

 

2015年もあとわずかですが、
2016年、2017年と成長できるように
日々頑張って行きたいですね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結論:

マーケッターは広げて、絞る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

参考になりましたでしょうか。

 

それでは、今日はこの辺で!

 

本日はコピーライターの日下部が
お送りしました。

 

 

追伸:

皆さま、良いクリスマスをお過ごしくださいね。

 

僕のメルマガは本年の分は終了です。

 

良いお年を!

 


アーカイブ

2019

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室