▼ MENU

リスティング出稿の条件は月の予算に応じて決定する

2015年8月27日


こんにちは
Catch the Webの石原です。

本日も動画にてコンテンツを配信していきます。

今回は、アフィリエイト運用を行う際の
条件設定の1つである

「アフィリエイターによるPPC出稿の制限」

についてです。

だいたいのASPで

・全面OK
・一部OK(条件を詳細に記入)
・全面NG

の3種類の中から選ぶ形がほとんどです。


よくある設定の方法としては

・一部OK(商標キーワードによる出稿はNG)

という形式が多いかと思います。

※商標キーワードとは、「商品名や会社名」など、

その広告主のみに深く関連するキーワードのことです。


リスティング広告はライバルが多ければ多いほど
単価が上がってしまうシステムです。

加えて、商標キーワードで検索してくる人は
自社の商品に強く興味がある人たちです。


最も安価にCPAを抑えられるであろう商標キーワードを
アフィリエイターに禁止にすることは、
一見、正しいことのように思います。


ですが、スタートしたばかりの会社や、
出稿予算をそれほど多くとることの出来ない会社など
PPC広告を”どのような目的”で出稿するのかで
その善し悪しは変わってきます。


そうした内容を、

本日の動画をお送りさせていただきます。


今回のテーマは
「リスティング出稿の条件は月の予算に応じて決定する」

です。


ぜひご覧ください

 


 


ここから先は動画をご覧になっていただいた前提で
記載させていただきます。

 


動画内でも説明したとおり
PPCの出稿予算がそれほど取れない状況であれば
Googleをメインで出稿することにして
Yahoo! は、アフィリエイターに解放することも
成果を伸ばす1つの手です。

特にPPCアフィリエイターにとっては
「PPCアフィリ全面OK 商標もOK」という条件は
とても魅力的に見えます。

あなたがもしも
取り組んでくれるアフィリエイターを増やしていきたい
とお考えであれば、Yahoo!の方は解放してみることを
ぜひご検討ください。

もし将来、全面OKを解除したい場合には
ASPの担当者に相談をし、
時間をかけて調整をしていけば問題ありません。
(いきなり、来月からはNG!
 ということがないようにアフィリエイターへの

 配慮をお願いしたいです)


商標キーワードをアフィリエイターへ解放することで
商標キーワードにおけるPPCの面を埋めることもできます。
(他社の商品を紹介されない ということです)


副産物としての効果も大きいと判断できますので
ぜひご検討していただければと思います。




本日もご覧いただきまして
誠にありがとうございました。


石原英昭



追伸

湘南WEB通信では、

みなさんの疑問にお答えしています!

ウェブマーケティングにおいて、

疑問に思う点や気になる点などあれば
できる限り、回答させていただきたいと思います。


ご質問に関しては下記からお問い合わせいただけますと幸いです。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=82982




アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室