▼ MENU

リスティング広告の費用対効果が合わない時の改善方法

2015年12月2日

 

こんにちは
Catch the Webコンサルタントの田中です。

 

本日も、様々な企業様のコンサルティングの現場で

 

「すごく役に立ちました!

 教えていただいてありがとうございます〜^ ^」

 

と言っていただけた情報をお届けさせていただきます。

 

 

先日、ホームページからのお問合せで、

 

「費用対効果が良い集客方法ってなにかありませんか?」

 

というご相談をいただきました。

 

 

じっくり話を聞いていくと、会計事務所を経営されていて、
クライアントの獲得に苦戦されているとのことでした。

 

 

僕は、

 

「リスティング広告は出稿されたりしたことありました?」

 

と尋ねたところ

 

「いや、リスティング広告は一度やったんですが、

 費用対効果が合わなかったんです・・。

  なのでそれ以外で費用対効果の合う方法がないか探しているんです・・」

 

とおっしゃられました。

 

 

ざっくりリサーチしましたが、ライバルが強い地域でもなかったので、
費用対効果が合わないことないのにな・・。

 

 

と思い、

 

広告出稿していたサイトを診させていただいたところ・・・

 

費用対効果が合わない理由が判明しました。

 

その理由は、ずばり、

 

“成約率の悪いサイトで運用していた"

 

ということです。

 

 

ホームページはWeb上の営業マンです。

 

営業成績の良い営業マンとそうでない営業マンがいるように、

ホームページでも営業成績が悪い、つまり成約率が悪いサイトと
良いサイトでは売上に雲泥の差がでるのです。

 

リスティング広告はアクセスは集めることができますが、
その先の営業マンであるホームページの成約率が悪ければ、
いくらアクセスを流しても、売上が上がりません。

 

その成約率が悪いサイトのまま放っておくと、
売上が上がらないどころか、
広告費の方が上回ってしまい、

赤字になってしまう最悪のケースに陥ってしまうのです。

 

今回ご相談いただいた方は、
残念ながらその最悪のケースに陥ってました。

 

そこで、今回は、

 

“サイトの成約率を高めることで、

 費用対効果よく売上を上げられる方法"

 

をお伝えします。

 

費用対効果が合わないサイトの成約率を上げる方法とは

 

今回ご相談いただいた方のサイトが
成約率が悪くなっていた最大の原因は

 

“顧客目線にたったサイトになっていない"

 

ということです。

 

 

よくある名刺代わりのようなサイトで
見た目はカッコイイんですが、
お客様が知りたい情報がほとんど載っていませんでした。

 

お客様がサイトを探して問合せや申込をする時は、
必ず、何かの悩みがあって、それを解決するために
パソコンやスマホで探しています。

 

その悩みが解決できそうだ、この会社で間違いなさそうだ
とお客様が感じた時に、はじめて申込や問合せをするのです。

 

なので、サイトの成約率を上げる第一歩は、

 

"あなたのお客様は何に悩んでいて、
 どんなサイトを見つけたいと思っているのか?"

 

ということを知ることなのです。

 

直接お客様に聞くのでも良いですし、
アンケートを活用するのもひとつの方法です。

 

そして、その悩みが解ったら、
その悩みを解決できることを順序良く伝えていくのです。

 

その内容を順序良く伝えると成約率が高くなるという
ある法則があります。

 

その法則通りにサイトを作っていくと、
自然と成約率が上がるサイトになるのです。

 

サイトを改善するだけで成約率が上がる、ある法則とは?

 

さっそく、

この購買心理に基いて伝えていくと成約率が上がる。

 

という法則の内容をご紹介していきます。

 

1. 【興味】キャッチコピー
2. 【共感】不安・不満 or 希望・願望
3. 【宣言】代表理念・問題解決宣言
4. 【実績】これまでの実績・BeforeAfter
5. 【根拠】選ばれる3つの理由
6. 【証言】お客さんの声
7. 【信頼】権威・信頼材料
8. 【ベネフィット】どうなれるか
9. 【サービス内容】サービスプラン・料金
10. 【サービスの流れ】ステップ
11. 【オファー】今すぐ行動してもらう
12. 【CTA】行動喚起+問合せの明記
13. 【Q&A】よくある質問
14. 【会社概要】基本情報
15. 【アクセス】Googleマップ、行き方
16. 【フォーム】お問合せフォーム

 

 

これらの内容を順序良くお伝えしていくことで、
成約率が自然と上がります。

 

この情報を集中して見てもらうことができるのが、
ランディングページと言われる、縦長のサイトです。

 

http://ikebukuro-zeirishi.net/

 

例えばこのサイトです。

 

いかがでしょうか?多少項目は簡易的にしていますが、

このようなランディングページにするだけでも、
成約率は格段に上がります。

 

 

もしもあなたが、この項目の情報をもっているのにも関わらず、
サイトに掲載していない、という内容があるのであれば、
すぐにでも情報を掲載してみてはいかがでしょうか?

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室