▼ MENU

初心者のためのリスティング広告講座その1

2015年6月9日

今から始めるリスティング広告

 

こんにちは。
Catch the Webの近藤です。

 

 

◆リスティング広告を始めるにあたって

 

今回はリスティング広告についてお話しようと思います。

 

 

Catch the Webでは、リスティング広告運用を代行しています。

 

 

自分もアカウントを構築したりするのですが、
どんなアカウントを構築してるか?お話しようと思います。

 

 

クライアントによって、変わってきてしまうことも多々あるので
一概には言えない部分もあるのですが、お話できる範囲で説明しますね。

 

 

また、アカウント構築に関してすべてお話するとなると
かなりの文章量になるので、小分けにしてお話しますね。

 

 

◆リスティング広告って何?

 

今回は、まったくリスティング広告を知らない人にも
理解してもらえるように、リスティング広告とはなんぞや!?

 

というところからお話したいと思います。

 

 

ですので、すでにリスティング広告を運用している人にとっては
退屈かもしれません。ごめんなさい。

 

 

 

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などで、
検索すると、検索結果画面の上部や右側に表示される
広告です。

 

 

検索連動型広告とも呼ばれたりします。

 

 

厳密には、検索結果画面以外にも表示させることもできるのですが、
ちょっと話がややこしくなるので、リスティング広告の中の
検索連動型広告についてお話しますね。

 

 

リスティング広告は、基本クリック課金になるので、
クリックされて始めて広告費が発生します。

 

 

 

※インプレッション課金というのもあるのですが、
 ここでは無視してください。

 

 

言い換えれば、広告が表示されたからといって
広告費用は発生しません。

 

 

広告を見たユーザーがクリックして始めて、
広告費用が発生するので、費用対効果の高い広告です。

 

 

また、広告主が広告表示させるキーワードを
コントロールできるのも魅力です。

 

 

渋谷の整体院にとって「渋谷 整体院」で検索したユーザーは
顧客化する可能性はありますが、
「釧路 美容室」と検索したユーザーが顧客化することはまずないですよね。

 

 

つまりは、広告主が
「釧路 美容室」検索した人には広告表示しないで、
「渋谷 整体院」で検索した人には広告表示して!
といった設定が可能です。

 

 

つまりは、テレビやラジオのように不特定多数の人に
広告するのではなく、検索キーワードでターゲットを絞って
広告することができるんですね。

 

 

◆SEOとの違い

 

よくSEOとの違いについて質問されることがあります。

 

 

※SEOとはサーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に
 自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。(IT用語辞典から抜粋)

 

 

検索結果画面に表示されるという意味では一緒なんですが、
いろいろと異なる部分があります。

 

 

SEOにはメリットとデメリットがあります。

 

 

【SEOのメリット】

 

 ・コストがかからない(業社へ依頼すればコストはかかります)
 ・クリック率が高い

 

 

【SEOのデメリット】

 

 ・いつ上位表示するか?分からない
 ・上位表示まで時間がかかる
 ・上位表示できるとは限らない
 ・順位を下げられる可能性が常につきまとう
 ・複数のキーワードでの上位表示が難しい

 

 

また、リスティング広告のメリットとデメリットは、

 

 

【リスティング広告のメリット】

 

 ・出稿したその日から広告表示される
 ・掲載順位をコントロールできる
 ・露出回数をコントロールできる
 ・キーワードごとに出稿できる
 ・複数のキーワードで出稿できる

 

 

【リスティング広告のデメリット】

 

 ・コストがかかる
 ・クリック率が低い
 ・費用対効果を上げるためには手間がかかる
 ・専門知識が必要

 

と、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

一番いいのは、それぞれ対策することなんですが、
まずはリスティング広告から始めて、売れるキーワードを見つけたうえで
そのキーワードでSEOしていくのが、一番ベストな方法ですね。

 

 

◆アカウント

 

リスティング広告を始めるには、アカウントが必要です。

 

 

現在は、Googleの検索結果に表示されるAdWordsと
Yahoo!の検索結果に表示されるYahoo!プロモーション広告があります。

 

 

他にもあるのですが、この2つを抑えておけば充分です。

 

どちらもそうなのですが、広告出稿するためには、
アカウントが必要になります。

 

 

「AdWords アカウント 作成」などでググれば分かりやすく説明された
ページがゴロゴロ出てくるのでここでは省略します。

 

 

アカウントにはキャンペーンと広告グループとキーワードというものが
あるということだけ覚えておいてください。

 

 

それぞれ、キーワードを整理するための
箱と考えてもらうと分かりやすいと思います。

 

 

 

アカウントという一番大きな箱にキャンペーンという箱が入ってます。

 

 

キャンペーンは1つとは限りません。10個かもしれませんし、
100個あるかもしれません。

 

 

キャンペーンの箱には、広告グループという箱が入ってます。

キャンペーン同様に、広告グループも1つとは限りません。

 

 

そして、広告グループの中には、
あなたが広告表示させたい!と設定しているキーワードが入っています。

 

 

もちろん、広告グループに入ってるキーワードは1つとは限りません。

ここまではイメージできましたか?

 

 

◆完全一致とフレーズ一致と部分一致

 

次に覚えておいてほしいのが、広告出稿の種類です。

 

「マッチタイプ」などとも呼ばれたりします。

 

大きく分けて3つあります。

完全一致とフレーズ一致と部分一致です。

 

 

例えば「渋谷 整体院」のキーワードで広告出稿するとします。

 

 

「渋谷 整体院」を完全一致で出稿すると、

「渋谷 整体院」で検索した場合にだけ、
広告表示がされます。

 

※表記のゆれといった機能もありますが、ここでは無視してください。

 

「整体院 渋谷」で検索した時も表示はされません。

 

 

次に「渋谷 整体院」をフレーズ一致で出稿すると、
「渋谷 整体院」というフレーズがふくまれている場合にのみ広告表示されます。

 

 

「おすすめ 渋谷 整体院」でも表示されますし。

 

「渋谷 整体院 口コミ」でも表示がされます。

 

 

でも「おすすめ 整体院 渋谷」では「渋谷 整体院」のフレーズが含まれていない
(順序が異なる)ために表示されません。

 

 

「渋谷 整体院」を部分一致で出稿すると、
「渋谷 整体院」でももちろん表示がされます。

 

 

「整体院 渋谷」でも「整体院 渋谷区 おすすめ」でも表示される可能性があります。

さらには「整骨院 渋谷」でも表示される可能性もあります。

 

 

となると「じゃあ、全部のキーワードを部分一致で出稿すればいいじゃん!」
となってしまうのですが、それはそれで危険です。

 

 

部分一致では、キーワードの拡張具合をコントロールができません。

 

 

拡張具合はAdWordsやYahoo!がコントロールしてしまいますから、
AdWordsやYahoo!が「整体院」と「柔道整復師」を類義語であると判断すれば
「柔道整復師 学校 渋谷」といったキーワードでも広告表示されてしまいます。

 

 

部分一致の説明で「可能性がある」としたのは、
拡張具合を広告主側でコントロールできないために、
こういった言葉になりました。

 

 

ですので、安易にすべてのキーワードを部分一致で出稿するの危険です。

 

 

ただ、部分一致には「絞り部分一致」といった設定も可能です。

 

 

キーワードの頭に半角のプラス記号をつけるんですが、

「+渋谷 +整体院」といった具合ですね。

 

 

「渋谷 整体院」を絞り込み部分一致で出稿すると
「渋谷 整体院」や「整体院 渋谷」でも表示がされます。

 

 

「渋谷 整体院 おすすめ」や「整体院 おすすめ 渋谷」でも表示されます。

 

でも「渋谷 整骨院」や「柔道整復師 学校 渋谷」では表示されません。

 

つまりは、「渋谷」と「整体院」の2キーワードが含まれる場合にのみ
表示がされる設定になります。

 

 

順序が違ったり、間に他のキーワードが入っていても
「渋谷」と「整体院」の2キーワードが含まれていれさえすれば広告表示されるのが

絞り込み部分一致です。

 

 

ちなみに僕の場合、フレーズ一致と部分一致はあまり使いません。

 

基本は完全一致と絞り込み部分一致を使います。

 

 

広告予算が大きい案件は、フレーズ一致と部分一致を使ってますが。

 

 

ふぅ〜。結構な文章量ですが、アカウント構築までいけませんでした。

 

また機会があれば、この続きをお伝えしたいと思います。

 

 

◆今日のまとめ

 

1、リスティング広告にはメリットとデメリットがある

2、キーワードを整理するのがキャンペーン、広告グループである

3、まずは完全一致と絞り込み部分一致を極める

 

◆追伸

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

湘南WEB通信では、WEBに関する耳寄りな情報をお送りしています。

 

 

ただし、この情報を得ただけでは
あなたの運営するWEBサイトの売上はあがりません。

 

 

実践してください。

 

 

情報を得ただけで満足してしまう人も多いかもしれません。

情報は得ただけでは、意味がありません。

 

 

実践してこそ、身につき、よりいいアイデアが
生まれるものだと思います。

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室