▼ MENU

気づかない内にはまっているコンフォートゾーンから抜け出す方法

2015年7月8日

こんにちは。
Catch the Webの喜多村です。

 

梅雨なのに傘を忘れることがあって、
家の傘が増えています。

 

 

あなたの家にも傘が増えていませんか?

 

本日はマーケティングとは少し違う話です。

 

何かを考えるときに自分の感覚だけで決めつけていませんか?

 

あなたが何かを判断するとき、
いつも自分の感覚だけに頼っていると危険です。

 

 

すでに結果を出している人の話を聞いたり、
真似をしたりするのも1つの手段です。

 

他にも、他の人の話を真剣に聞くように意識してみましょう。

 

 

自分とは違う感覚を持っていることに気づくはずです。

 

 

例えば、50万円のものを売ったことがない人にとって、

50万円のものを売るのは未知の世界です。

 

 

10万円しか払わないだろうと思っても、
50万円払う人がいたりします。

 

 

全然違う売り方をしたら売れるかもしれません。

 

ターゲットが違うかもしれません。

 

広告文が悪いのかもしれません。

 

 

自分の経験したことのないことを経験してみる

 

ただ、話を聞いただけでは他の人と感覚が違うことは分かっても、
それが本当に可能なことなのか自分の感覚で理解することができません。

 

 

自分の感覚にできないと、モノにすることはできないでしょう。

 

 

だから、まずは試しにやってみましょう。

 

 

要領の良い人ならすぐに上手くいくかもしれません。

 

 

 

上手くいかなくても自分の思っていたことと違うことがあることに気づくはずです。

 

 

そうすると視野が広がります。

 

 

自分が経験したことのないことは怖い

 

といっても自分が経験したことのないことは恐怖心が付きまといます。

 

 

私も初めて海外に行ったときに何時間も迷って不安になったことがあります。

人には「コンフォートゾーン」というものがあります。

 

 

簡単にいうと、「自分にとって居心地のいい領域」のことです。

 

このコンフォートゾーンから抜け出すにはエネルギーが必要です。

 

いったん抜け出せれば、大したことなかったと思えることも
抜け出すまでは大変です。

 

 

日頃から自分がコンフォートゾーンにはまって
逃げているだけではないのか確認してみましょう。

 

 

自分でビジネスをやろうと思っている人にとって、
このコンフォートゾーンを抜け出す習慣を持っていることは非常に大切です。

 

 

日々新しい挑戦が必要になるからです。

日々を愚痴で過ごしていませんか?

 

たまにこんな人がいます。

 

 

今の現状に対して愚痴を言いながらも、
そこから抜け出すために具体的な行動ができていない人。

 

 

こういった人は愚痴を言いつつも、
その現状がコンフォートゾーンになっていて、
抜け出せなくなっている可能性が高いです。

 

 

日常の中で少しずつコンフォートゾーンから
抜け出す習慣をつけていきましょう。

 

 

追伸

 

キック・ボクシングを始めて9ヶ月が経ちました。

 

 

少しずつですが、スムーズに蹴れるようになってきました。

 

 

まだまだですが、継続していると上達してくるのが分かって楽しいですね。

何か新しいことに挑戦していきましょう。

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室