▼ MENU

競合調査をする前にとるべきWeb戦略

2015年4月6日

ライバルではなく自社を選んでもらう必要性

 

 

こんにちは。
Catch the Webの近藤です。

 

 

◆大半はなくても死にはしないものを売っている

 

最近読んだ本で

 

「世の中にあるほとんどは、
 無くても死にはしない商品やサービスを販売している」

 

とありました。

 

 

確かにそうなんですよね。

 

 

でもこういうことを言うと、

 

「衣食住に関しては違うんじゃない?」

 

とツッコミがありそうですが、

衣食住に関しても、別に「それ」である必要はないんですよね。

 

 

お腹が空いたから、ラーメンを食べないと死んでしまうって
ことにはなりませんよね。

 

 

住むところが無くて、そのマンションを購入しなければ
死んでしまうってことはありませんよね。

 

 

衣服も一緒です。

 

 

一部例外があるとすれば、

医療に関してくらいかもしれません。

 

 

この薬を飲まなければ死んでしまうとか、
この手術を受けなければ死んでしまう

 

といったことはあると思いますので。

 

 

◆如何にしてユーザーに選ばれるか?

 

そう考えると、世の中にいるほとんどの人が、
別に無くても死ぬことはない商品やサービスを販売しているんですよね。

 

 

しかも、必ずといって競合は存在します。

 

 

多い少ないは別として。

 

ここで注目すべきは、

 

そんな中で如何にして自分のところの
商品・サービスを選んでもらうか?

 

ってことです。

 

 

あ!その前に以前にもお話した、

 

「自分のところの商品・サービスの存在を知ってもらう」と
いうことも重要ですが、今回はちょっと省きます。

 

 

どうやったら、お客さんは自分のところの商品やサービスを
選んでくれるのでしょうか?

 

 

◆人間がとる決まった行動

 

人は、より安い方を購入します。

 

人は、より親切にしてもらった方で購入します。

 

人は、よりクオリティの高い商品を購入します。

 

人は、より自分にマッチした商品を購入します。

 

人は、より早く効果の得られるサービスを購入します。

 

人は、より安心できるところで購入します。

 

人は、より簡単に導入できるサービスを購入します。

 

これらのことを、購入を考えてるユーザー(見込み客)に

ぜひ伝えてあげてください

 

 

◆見込み客に伝えること

 

価格は安いに越したことはありませんが、
価格競走に陥った企業で上手くいったところは
あまり見たことがないのでおすすめはできません。

 

 

でも「安く魅せる」ということは可能ですよね!

 

 

クーポンだったり、何かしらの特典をつけたりなど
いろいろとありますね。

 

より親切にするためには、

メールでの対応でより親切にできますよね!

 

 

リソースは増えますが、

手間を今よりも少しだけかけて

 

「また次回もここで購入しよう」

 

と思ってもらえるのであれば、
やった方がいいですよね!

 

 

クオリティににしても、

今以上に高めることはできませんか?

 

 

 

ターゲットをギュッと絞ることで、
よりユーザーにマッチしていることを伝えられると思います。

 

 

購入したことで得られるユーザーのメリットは
どれくらいの期間が必要なのか?

 

説明してあげることはできませんか?

 

あなたの商品がどれほど安全であるか?

 

説明してあげられませんか?

 

 

また、

 

あなたのところで購入することがどれだけ安心できるのか?
伝えてあげることはできませんか?

 

 

 

購入するのは簡単であること、
手順を分かりやすく説明することはできませんか?

 

 

◆言葉と画像で伝えてあげる

 

これらのことを、ぜひページに反映してみてください。

 

 

きっと大きな効果を実感できるはずです。

 

 

もちろん、これら全てを販売ページに反映させるに
越したことはありませんが、商品やサービスによって
すべてを伝えるのが無理なこともあるかと思います。

 

 

であれば、可能な範囲でも構いません。

 

 

ぜひ、販売ページでこれらのことを
分かりやすく説明してあげてください。

 

 

 

きっと、大きな効果として帰ってくるはずです。

 

 

少なくともCatch the Webでは、これらのことを常に考えて
商品・サービスを販売しています。

 

 

◆今日のまとめ

 

1、世の中にあるほとんどは、無くても死にはしない商品やサービス

2、選ばれるために伝えるべきことを認識する

3、Webからより分かりやすく伝える

 

 

◆追伸

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

湘南WEB通信では、

WEBに関する耳寄りな情報をお送りしています。

 

 

ただし、この情報を得ただけでは
あなたの運営するWEBサイトの売上はあがりません。

 

実践してください。

 

 

情報を得ただけで満足してしまう人も多いかもしれません。

 

 

情報は得ただけでは、意味がありません。

 

 

 

実践してこそ、身につき、よりいいアイデアが
生まれるものだと思います。

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室