▼ MENU

良いページと悪いページの違い

2011年7月28日

より良いサイトへするためには・・・

 

コンサルティング担当:近藤

 

こんにちは。
Catch the Webの近藤です。

 

今回もWebサイトを運営していくうえで
重要な「企業売上に直結する」施策をご紹介していきます。

 

 

◆どちらが良いページ?

 

サイトを立ち上げる時や新しいページを追加する際に
いくつかのページ案をだしますよね。

 

そんな時、あなたはどうしてますか?

上司がOKを出した案を採用しますか?

それとも、自分の好みの案を採用してますか?

 

そんな時はぜひ、

テストしてみてください。

 

仮にあなたの運営するサイトの最終的なゴールが
見込み客からのお問合せ数アップだったとします。

 

であれば、両方のページを公開して
実際にアクセスを流してみてください。

 

 

それで、実際にお問合せ数の多かったページやサイトを
採用すべきです。

 

当たり前ですよね。

 

 

でもこの当たり前のことが、できている企業が
本当に少ないのです。

 

 

新しいサイトやページを公開して
反応がいい、悪いで一喜一憂している企業がほとんどです。

 

 

もしかしたら、ボツになったもうひとつの
案の方がより反応が得られたかもしれないのに・・・

 

 

今は、このようなテストも簡単に実施できます。

 

しかも無料で。

 

Googleが無料で提供する
ウェブサイトオプティマイザーです。

 

 

サービスの中にA/B テストというものがあります。

 

スプリットテストとも呼ばれるものなんですが、
AとBの2つのページを用意します。

 

 

 

そのうえで、オプティマイザーを設定します。

 

 

設定と言ってもAとBのページ、

コンバージョンページにそれぞれタグを設置して、

あとはWEB上で設定するだけなんですが。

 

 

※コンバージョンページとは、ユーザーに最終的に誘導したい
 ページのことです。通常はサンキューページなどが
 これに該当します。

 

 

AとBのページにそれぞれ、

同じだけのアクセスを流します。

 

 

もちろん、それはオプティマイザーが自動で
アクセスをAとBに振り分けてくれます。

 

 

そのうえで、コンバージョンページへ到達する率を
計測してくれます。

 

 

でもGoogleのオプティマイザーは

これだけではありません。

 

 

今まで平等に

AとBのページに振り分けていたアクセスを
徐々にコンバージョンページへ到達する率の高いページへ
多くアクセスを流すようになっています。

 

 

つまり、テスト開始時には平等に50%づつそれぞれに
アクセスを振り分けていきますが、コンバージョンページへの
誘導率に変化が現れると、自動的に率の高いページへアクセスを
多く誘導するようになります。

 

 

その間、何もする必要はありません。

 

 

最終的には、コンバージョンページへの到達する率の低い
ページへはアクセスは流れなくなり、反応の良いページだけに
アクセスが流れるようになるのです。

 

 

このテストを実施すれば、
どちらが良いサイト、

ページなのかが一目瞭然です。

 

 

◆テストのコツこのA/B テストのコツは継続することと
  テスト箇所を1箇所ごとに実施することです。

 

例えば、最初はA案とB案で全くことなったページが
上がってきたとします。

 

この時は、そのままAとBのページで
A/B テストを実施してください。

 

その結果、Aのページがよりコンバージョンページへ
誘導できたとします。

 

 

そこで、テストを終わらせないでください。

 

次は、Aのページでどこか別の場所を1部変更して
新たにテストするようにしてください。

 

 

ただ、ここで注意していただきたいのは
「どこか1箇所だけ変更する」点です。

 

キャッチコピーだけをA案B案つくってみてもいいでしょうし、
お問合せのボタンをA案B案つくってテストしてもいいですね。

 

 

◆まとめてテストした方が早い?

 

でもなぜ、1箇所づつテストするのでしょうか。

 

それは、まとめていくつかの箇所をテストしてしまうと
結果がでたときに、実際どの部分でその結果が得られたのかが
分からないからです。

 

 

1箇所づつのテストであれば、
どの部分で結果が変わってきたのかが、

すぐ分かります。

 

 

ある部分のテストが終了したら、
次のテスト、そのテストが終了したら
また別の部分のテスト・・・・

 

という具合にテストを重ねることで
より成約率の高いページになっていきます。

 

 

100アクセスで1コンバージョンのページよりも
100アクセスで3コンバージョンを得られるページの方が
いいですよね!

 

 

◆サイトは成長させるもの

 

WEBサイトはつくって終わり

というものではありません。

 

 

サイトを公開して、

そのまま成功するなんてことは
極稀です。

 

 

常にテストを行って、

育てていくイメージを持ってください。

 

 

テストを行って、大きなメリットはありますが、
デメリットは全くありません。

 

 

仮に期待していた結果が得られなかったとしても
それは、あなたにとって貴重なデータとして
残ります。

 

 

以前にも少しお話しましたが、
失敗したデータは、あなたにとって貴重な財産になります。

 

 

ぜひ、あなたもより多くのテストを実施して

より大きな財産を得ていただきたいと思います。

 

 

◆今日のまとめ

 

1、良いページと悪いページ
2、テストのコツ
3、サイトは常に育てていく必要がある

 

 

◆追伸

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

前回のメルマガでは、
HPの無料診断を募集させていただいたところ
おかげさまで多くの方にご応募いただきました。

 

まだご応募いただいたすべての方とお話できていませんが、
色々なビジネスをやられている方とお話ができて
僕自身もいい刺激をいただいております。

 

 

また、感謝のお言葉も多くいただき
ありがとうございました。

 

 

ということで、
今回ももう少しだけ無料HP診断希望者を
募集させていただきます。

今現在、あなたの抱える課題をすべてお聞きして
実際のその課題が解決できるのかどうかを診断いたします。

Catch the Webでこれまでテストを繰り返して
効果のあったノウハウであれば、
大抵のサイトは成功へ導く自負はありますが、
中には弊社ノウハウをもってしても
解決できないサービスや商品、ビジネスモデルも存在します。

 

 

 

ぜひ、一度お電話かSkypeでお話させていただき
診断させていただきます。

 

 

もしご興味があれば、下記よりお気軽に
ご予約ください。

 

 

あなたのインターネットビジネスを無料で診断します。
CTW無料ホームページ診断ご予約フォーム

 

■すでに運営しているHPからインターネットで集客は可能なのか?
■これから公開する予定のHPで売上は上がるのか?

 

 

など、現在抱えるお悩みや課題など、
遠慮なくご相談ください。

 

 

すべて包み隠さずお話ししていますので
失礼なことをお話するかもしれません。

 

ご了承ください。

 

 

また、今回のサービスは企業・法人さまにのみ
ご提供しています。

 

 

個人の方は、ご遠慮ください。

 

 

またアフィリエイトサイトや
ドロップシッピング、情報販売のサイトもご遠慮ください。

 

 

一切、お金はかからないサービスになりますので
ご興味があれば、お気軽にご予約ください。

 

CTW無料ホームページ診断ご予約フォーム

 

ご予約いただいた方には随時ご連絡させていただきます。

 

 

混雑状況によっては、
ご連絡までにお日にちがかかる場合があります。

ご了承ください。

 


アーカイブ

2019

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室