▼ MENU

リスティング広告のクリック率を上げるためにはこれしかない!

2015年7月31日

 

こんにちは。
Catch the Webの近藤です。

 

 

◆広告文のクリック率をいかに高めるか!?が重要

 

今回は、前回の続きです。

 

前回は、リスティング広告で少しでも広告単価を
引き下げるために品質スコアを上げましょう!

 

そのためには次の3つが重要です。とお話しましたね。

 

1、出稿するキーワードと広告文の内容をマッチさせる

2、広告文の内容とリンク先のページの内容をマッチさせる

3、広告文のクリック率を上げる

 

これらをしましょうというお話でした。

 

 

1と2は最初の設定である程度決まってしまうので、
広告出稿後にどうこうというのは難しいかもしれません。

 

なので広告出稿後は3の「広告文のクリック率を上げる」ことに
注力していく必要があります。

 

 

どうせなら、平均掲載順位3位で1クリック100円の広告を
同じ掲載順位で1クリック90円、80円にしていきたいですよね!

 

 

そうすれば、同じ広告予算でより多くのインプレッション(表示回数)を
増やせますし、そうすればCV数も増えますもんね!

 

 

◆クリック率上げるには・・・

 

ではどうやって、広告のクリック率を
上げることができるのでしょうか。

 

よく、こんなこと言われます。

 

こういったことを思いつくのってある意味、頭がいいと思います。

 

 

「とりあえず、入札単価を引き上げて平均掲載順位を上げれば、
 必然的にクリック率も上がるんじゃね?」

 

 

確かにそうですよね。

 

 

入札単価100円で平均掲載順位が5位なら、
とりあえず、入札単価を150円、200円と一時的に引き上げれば、
平均掲載順位も上がって、クリック率も上がりますよね。

 

でもこれ・・・・

 

この方法では、クリック率が上がりますが、
品質スコアには影響を及ぼしません。

 

 

◆クリック率上げても品質スコアは上がらない?

 

ちょっとここで考えてみましょう。

 

AdWordsもYahoo!もそうですが、
もしこの方法で品質スコアに影響を与えるのであれば、
品質スコア(Yahoo!での呼称は品質インデックス)自体、
あまり意味のないものになりますよね?

 

だって、入札単価を引き上げれば、
掲載順位も上がって、クリック率も上がるんですから、
単純にお金を持ってるアカウントが有利になってしまいますよね?

 

わざわざ品質スコアなんて考え方を導入せずに
純粋にオークション形式だけで優劣をつけているのと
なんら変わりなくなってしまいますよね。

 

でも安心してください。

 

 

入札単価を一時的に引き上げても
クリック率は上がるものの品質スコアには影響しませんので。

 

AdWordsもYahoo!もそこまでバカではありません。

 

「このキーワードでは、掲載順位が●位の時のクリック率はこれくらいで

 それに対して、この広告は・・・」

 

 

といった具合に各キーワード、各掲載順位の平均クリック率ごとに
現在の広告文のクリック率がどうなのか?を判断してくれていますので。

 

 

もちろん、オークション形式がとられている以上、
お金を持ってる企業や人が有利は有利ですが、
そこまで「絶対的有利!」ということではないということですね。

 

 

◆じゃあ、どうすれば品質スコアを上げられるの?

 

ちょっと横道にそれてしまいましたが、
ここからは品質スコアをあげるための
クリック率を高める方法についてお話していきます。

 

品質スコアを上げるためにクリック率を上げるには、
広告文のブラシュアップしかありません。

 

「ユーザーがクリックしてしまうような広告文をつくる」

 

ということです。

 

 

とはいっても、どうしたらクリック率の高い広告文になるのか?
分からないですよね。

 

 

◆クリック率の高い広告文つくり方

 

クリック率の高い広告文をつくるためには、
広告文のABテストしかありません。

 

AdWordsもYahoo!でも複数の広告文が作れて、
クリック率の高い広告文の表示回数を自動的に
増やしてくれる機能が備わっています。

 

つまり、各広告グループに複数の広告文を用意すれば、
あとは勝手にクリック率の高い広告文の表示回数が増えていくのです。

 

クリック率の低い広告文は、露出がへっていき、
クリック率の高い広告文だけが生き残る。

 

この機能を使い続ければ、ずっとクリック率は高まっていきますよね。

 

でもこの方法には、ちょっと注意が必要なんです。

 

リスティング広告で広告文のABテストを実施する際に
注意しなくちゃいけない点は、また次回お話しようと思います。

 

 

次回のメルマガもぜひ楽しみにしていてください。

 

 

◆今日のまとめ

 

1、リスティング広告最適化は、広告文のクリック率を上げること

2、品質スコアを上げるために広告文をブラシュアップ

3、広告文のABテストを実施

 

 

◆追伸

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

湘南WEB通信では、WEBに関する耳寄りな情報をお送りしています。

 

ただし、この情報を得ただけでは
あなたの運営するWEBサイトの売上はあがりません。

 

 

実践してください。

 

 

情報を得ただけで満足してしまう人も多いかもしれません。

情報は得ただけでは、意味がありません。

 

実践してこそ、身につき、よりいいアイデアが
生まれるものだと思います。

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室