▼ MENU

養成講座を受けなくてもコピーライターになれる方法とキャッチコピーの作り方

2014年8月13日

前回のメルマガで

社長に注意されました・・・


詳細は追伸で。



こんにちは、

Catch the Webコピーライターの

日下部です。



とりあえず、

コピーライターと

名乗ってみたものの、


「一行で数千万稼ぐ

 コピーライター」

の方や

「たった数時間で

 億を稼ぐコピーライター」

の方など、


大御所の方に比べれば、

まだまだ赤ん坊に毛が生えた程度。



でも、

今日もあなたに何か伝えられることが

あると思って、

このメルマガを書いています。



━━━━━━━━━━━━━━

何も実績のないシロウトが

一瞬で「コピーライター」

なる方法

━━━━━━━━━━━━━━


よく

「名乗っちゃえばコピーライター」

という話がありますが、

コピーはあくまで広告。



依頼してくれる

クライアントがいて、


そこにクライアントの

お客さんがいるからこそ、


コピーは、

コピーとして成り立ちます。



例え、

自分で1つや2つコピーを書いた程度で

名乗ったからと言って、

すぐにお仕事が来るわけではありません。



「◯◯コンサルタント」

みたいな肩書きも、

しかり。



だから、


あなたがもしコピーライターになりたいなら、

一番手っ取り早いのは、

どこかの会社にコピーライターとして

所属することでしょう。



僕も会社に依頼されて

コピーを書いていますが、


ステップメールや諸々のメルマガを含めて、

300通〜500通以上は書いてます。


たぶん。



所属すれば、

これくらいの数は余裕で仕事として、

書くことができます。



僕のメルマガは、


「コピーを書けるようになりたい!」

「コピーを自分のビジネスに活用したい!」

「コピーライターになりたい!」


という人に向けて書いていますが、


本気でコピーライティングを

学びたいのであれば、


どこかの会社に所属したほうが

数百倍、数千倍、

勉強になるでしょう。



実践に勝る勉強方法はありませんし、

インプット以上に

アウトプットが大切だからです。


なので、


何も実績のないシロウトが

一瞬で「コピーライター」になる方法は、

コピーライターとして

会社に所属することです。


以上。



というところで、

一番、核心的であり

大事なことを

お伝えしてしまったので、


今後、

メルマガで話すことが

なくってしまったのですが、


これだとメルマガとして成り立たないので、

続けていきますね。



━━━━━━━━━━━━

人間って「寂しい生き物」

だと思った瞬間。

━━━━━━━━━━━━


先週の金曜日に、

会社の帰りがけに

ある質問をされました。



「キャッチコピーを書く時に

 まず考えることって何?」



ベネフィット、

ベネフィット、

ベネフィット。



大事なことなので3回言いましたが、

僕は何よりも

ベネフィットが大事だと考えます。



基本的に、ターゲットに対しての

ベネフィット以外のことは

考えません。



このメルマガを読んでいるあなたに

今更、ベネフィットの説明はしませんが、

ベネフィットが何よりも重要です。



キャッチコピーにおいては、


35度で死にそうなくらい

熱い真夏における

「水分補給」くらい重要です。



なぜ、ベネフィットが重要なのかというと、


「人間は常に自分の利益しか考えてない」


からです。



ここはほんと重要なんですが、

人間は自分自身の利益しか

考えてないのです。



電車通勤していると

色んな人がスマホを見たり、

難しい顔で歩いていたりしますが、



みんな、


「なんかオレにいいことないかなー」


と、常に考え続けているのです。



だから、自分にとって、

まったく関係の無い、

眠た〜い話には

一切興味がありませんし、


自分にまったく利益のない広告になんて、

一秒も時間をムダに使いたくないのです。



だからこそ、

ターゲットに対しての

ベネフィットを

第一に考えてください。



自分の利益しか考えてないなんて、


なんて、人間って寂しいんでしょうね。



あー、金欲しい、寝たい、モテたい、

おいしいもの食べたい・・・。



━━━

例。

━━━


いま、たまたま近くにある、

「ar」っていう女子向けの雑誌には、



「モテのためにする10のこと♡」



というコピーが書いてあります。



サブキャッチには、


「その瞬間、溢れるモテオーラ!

 アノ子に聞いた、モテの素」


とか書いてます。




これは、女の子たちがみんな


「モテたいモテたいモテたいモテたい」


と言っているわけではありませんが、

頭のなかでは、


「モテたい!モテたい!

 モテたい!モテたい!」


と常に思っているのでしょう。



コピーライターはこういった

人々が潜在的に考えていることを

汲み取って、

言葉にする義務があります。



コピーは、

ポエムとはまったく違いますし、


僕たちがやっているような

DRM系の広告であれば、


もっと、もっと、

ストレートに表現する必要があります。



そして、その文章を


「いかにもなうそ臭い広告」


だとバレないように、

伝わりやすいように

考えていくことが、


キャッチコピーにおいては、

35度で死にそうなくらい

熱い真夏における

「水分補給」くらい重要なのです。


ぜひ参考にしてみてください。




■追伸1


僕はコピーライターなので、

写真に関することは

あまり詳しくありませんが、


コピーにおいて、写真は大事です。


たとえば、


「飲む、寝る、それだけ」


というコピーで、

痩せた水着の女性がいれば、

それだけでダイエットできることが

伝わります。

(※薬事法も切り抜けられる

 最強のコピーです)


もし、

海とか、町並みとか、花火とか。


キャッチコピーに使える「風景写真」が欲しかったら、

ここの3つのサイトは無料かつ商用利用もできてオススメです。

→ http://shonan-web.jp/web-design/fuukei4/




■追伸2


前回のメルマガで社長に


「思います」


が多いと注意されました。


読み返すと確かに

「思います」が多かったです。


「思います」

という言葉よく使う言葉ですが、


文章の場合、

自信なさげに見えてしまいますよね。


すべて断定表現にするのも

「あなたは何様ですか?」

という文章になってしまいがちですが、


何かを主張するときは、

断定表現を使いましょう。


今回のメルマガは全文検索で

「思います」チェックかけてます。


まだまだ、

学ぶことがたくさんありそうです。


 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室