▼ MENU

60分で1000文字以上書ける集中テクニック3つ

2014年12月19日

 

こんにちは、
Catch the Webコピーライターの

日下部です。

 

僕は昔、

コピーを書くときの

「集中力」に悩んでいました。

 

 

━━━━━━━━━━━━
コピーを書く=面倒くさい
━━━━━━━━━━━━

 

コピーを書くのって、
はじめはすごく面倒だと

感じると思います。

 

コピーを書こうと思って、
パソコンの前に座るのですが、

 

どうしても集中できなかったり、

眠気が襲ってきたりと、

作業効率が悪かったのです。

 

 

以前の僕は、
1時間パソコンの前に座っていても、
書けるのは400文字の記事1つだけ。

 

とにかく、効率が悪かったですし、
文章を書くことを「面倒くさい」と、
心の底から思っていました。

 

しかしながら、

 

・アフィリエイトにしろ、
・転売にしろ、
・情報販売にしろ、

 

文章は、絶対に必要です。

 

 

なので文章を書くことを
「面倒くさい」と言っていたら、
なにも始まりませんよね。

 

 

そこで、どうにかコピーを書く作業に
集中する方法を探していました・・・

 

 

━━━━━━━━━━
人間の集中力の限界
━━━━━━━━━━

 

そもそも、

人間の集中力には限界があります。

 

一般的には

90分と言われていますが、

 

実は、

 

集中力は15分の

周期と言われています。

 

特に、小学校低学年の段階では

15分で飽きがきます。

 

小学校の全校集会での、
校長先生の話などは

本当に退屈でしたよね。

 

 

あなたも思い返すと

集中力が切れて退屈だった記憶が

あるのはないでしょうか。

 

それに、コピーは時間を区切って
集中して書いたほうが

絶対に良いです。

 

だらだら

2時間掛けたコピー<30分集中して書いたコピー

 

 

です。

 

 

僕は時間が短い分、

「濃いコピーを書いてやろう」

という気持ちで挑むことで、
驚くほどコピーを書く効率が

上昇したことを体感しました。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
実際に試した集中力をアップさせる

テクニック3つ
━━━━━━━━━━━━━━━━

 

では、

実際にどうやって集中力をアップするのか?

 

僕が今でも実践しているのはこの3つです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1:デジタル機器の通知機能をオフにする
2:タイマーを使う
3:集中できる音楽を聞く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1つずつ説明していきます。

 

 

1:あらゆる通知機能をオフにする

 

これは、Catch the Webでも
ルールとして実践していることです。

 

仕事のやりとりは「チャットワーク」という
コミュニケーション・ツールを

使っているのですが、
その通知機能がOFFにしています。

 

通知機能をONにしていると、
右上にチャットが

ポップアップで表示されるのですが、

これはコピーを書いているときに、
すごく集中力を切らす原因になるのです。

 

 

人間は2つのことを同時に考えるのは、

難しいです。

 

 

無意識のうちにコピーを書きながら、
チャットの返信文を考えてしまうので
集中力が途切れ、非効率です。

 

なので、

できるだけ通知系のものはOFFにします。

 

もちろん、

スマートフォンなどもできれば、
コピーを書く時は通知OFFにしたほうが

よいでしょう。

 

 

2:タイマーを使う

 

これは尊敬する方から教えてもらいましたが、
タイマーを使うのは非常に効率が良いです。

 

実際、僕もタイマーを使うようになってから、
文章を書くスピードが格段に上がりました。

 

ふつうにキッチンタイマーを使っても良いですが、
Macの方は「Minutes」というアプリがオススメです。

こちらです。
→ https://itunes.apple.com/jp/app/minutes/id406827163?mt=12&ign-mpt=uo%3D4

 

こんな感じでデスクトップに
常に表示させておきます。

 

コピーの書く時に、

タイマーを回します。

 

すると、

刻々と時間が過ぎていくので、
早く書かないといけないという感覚になるのです。

 

これはすごく効果的なので、
ぜひ実践して体感してみてください。

 

3:集中できる音楽を聞く

 

今はYoutubeなどで音楽が自由に聴けます。

 

・「作業用」
・「勉強用」

 

などで検索すると1時間程度のミックスや、
集中力をアップさせる曲を

投稿している人がいます。

 

自然の音や、好きなジャンルの
DJのミックスも良いと思います。

 

自分はこの音楽をよく掛けています。

 

『α波』が集中力を高める!ピアノの音色&さざ波

気分が落ち着く曲を聞くだけで、
コピーも落ち着いて書けると思います。

 

そして、音楽は

「気合を入れるスイッチ」にもなると思います。

 

 

ぜひ、

あなたも自分が最大限集中できる
お気に入りの音楽を見つけてください。

 

以上、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1:デジタル機器の通知機能をオフにする
2:タイマーを使う
3:集中できる音楽を聞く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ぜひ、

あなたの仕事にも取り入れていただければと思います。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

追伸:

そもそも「寝不足」という場合も

あると思います。

 

そういう時は、

コーヒー飲んだり、
もしくは寝てしまうのが良いでしょう。

 

眠い状態でコピーを書くと、
何を書いているか分からないことが多いですし、
ミスも多くなります。

 

テクニック以前に、
健康状態もかなり重要だと思いますね。

 

お酒を飲んだ次の日とかは、
頭が働かないとことも多いですし。

 

忘年会シーズンになりますが、
僕もお酒に飲まれないようにします。

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室