▼ MENU

Facebookマーケティングで考えるべき企業戦略(Googleとの違いから考える)

2014年10月16日

メディアの特性を押さえる

 

こんにちは。
Catch the Webの喜多村です。

 

環境を変えたことで、

意識と行動が変わってきました。

 

詳しい話は追伸で。

 

 

━━━━━━━━━━━━━
FacebookとGoogleの特徴
━━━━━━━━━━━━━

 

Facebookは、

SNSでユーザー同士が交流するところです。

 

Googleの検索エンジンは、

ユーザーがキーワードを入力して

何かを探すところです。

 

 

それぞれサイトを使っている人たちの目的は、

かなり異なります。

 

この違いを正確に把握していない方が

まだまだ多いように感じます。

 

では他にはどんな違いがあるでしょうか?

 

 

━━━━━━━━━━━
Facebookはフロー型

Googleはストック型
━━━━━━━━━━━

 

Facebookは、

ユーザーが自分のアカウントや
Facebookページを作成して、

情報を届けていますよね。

 

ほとんどの人は、

そのとき届けられた情報をチェックして、
過去の投稿まですべてチェックしようとは

しないでしょう。

 

また、

チェックする動機となる

相手のタイムラインに表示させるためには、
新しい投稿が必要です。

 

そして、過去の投稿は、

どんどん流れていきます。

 

こういった形を、フロー型と呼びます。

 

それに対して、

Googleはどうでしょうか。

 

Googleでユーザーにアプローチする場合は、
通常サイトを作って、

そこに来てもらいますよね。

 

このサイトは一度作って

何かのキーワードで上位表示されれば、
継続的にアクセスがあります。

 

新しいページを作成して、

そのページが上位表示されれば、

 

そのあと、

そのキーワードを検索した人から
継続的なアクセスが見込めます。

 

Youtubeもそうですね。

 

こういった形を、

ストック型と呼びます。

 

ストック型は、

そのときの作業が後々まで継続するアクセスにつながるため、
レバレッジも効きます。

 

 

━━━━━━━━━━━
Facebookは潜在ニーズ

Googleは顕在ニーズ
━━━━━━━━━━━

 

Facebookは、

何か商品やサービスを探してユーザーが訪れているわけではありません。

 

そのため、ニーズは顕在化していません。

 

タイミングがよければ、

欲しい!と思っている人に
アプローチできる可能性がありますが、

基本的には潜在ニーズをもった人にアプローチします。

 

 

Googleは、

ユーザーがキーワードを入力して何かを探しています。

 

たいていの場合は、

ニーズが顕在化しています。

 

つまり、

顕在ニーズをもった人にアプローチします。

 

 

━━━━━━━━━━━━
Facebookの得意なこと
━━━━━━━━━━━━

 

潜在ニーズしかもっていないなら、

Facebookマーケティングは

不利だと思われるかもしれませんが、
そうではありません。

 

Facebookは、

年齢・性別・大学・会社・役職など

様々な個人情報が含まれています。

 

そのため、例えば、

経営者だけにアプローチしたい場合などに

有効です。

 

他には、

必要性の低いラグジュアリー系商品の宣伝に有効だったり、
交流を活かしたバイラル・マーケティングが

得意だったりします。

 

 

━━━━━━━━━━
Googleの得意なこと
━━━━━━━━━━

 

ニーズが顕在化しているので、
商品名やサービス名を購買しそうなキーワードで
自分のサイトを上位表示させれば、

高い確率で購入してくれます。

 

SEOで上位表示させることが難しければ、
リスティング広告を出す方法もあります。

 

最近は、すぐには購買につながらないキーワードで、
その分野に興味のありそうな人を集めて、
商品やサービスを提案して売る

インバウンドマーケティングも有効です。

 

 

━━━━━━━━━
まとめ
━━━━━━━━━

 

FacebookとGoogleで得意なことは異なります。

 

それぞれに合わせた戦略を組み立てて、
企業のマーケティングに活かしていきましょう。

 

集客手段は多いほうがいいですから、
どの手段も試してみることをお勧めします。

 

 

━━━━━━━━━
追伸
━━━━━━━━━

 

前回、キックボクシングを習い始めたと書きました。

 

習い始めたことで、

意識と行動がすぐに変わってきました。

 

鍛えるレベルの基準が上がったり、
食事制限をして健康に気をつけ、
体を絞ったりするようになりました。

 

面倒なことは後回しにしがちなので、
そういったときは環境を変えるのが

最も早い手段かもしれません。

 

さきほど、

最近有効な方法として説明した

インバウンドマーケティングですが、


現在、会社のキャンペーンにて、

自分のメディアを作って、
インバウンドマーケティングする方法についてお伝えしています。

 

無料で月間100万PVを集めることも可能な方法なので、
まだライバルが少ないうちに押さえておいてください。

 

とりあえず動画が面白いので、

一度見てみてくださいね。

 

http://directlink.jp/tracking/af/318426/xNESAKtx-6APWudXk/

 


アーカイブ

2020

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

渋谷オフィス

〒150-0044

東京都渋谷区円山町3−1小木曽ビル2F

渋谷駅より徒歩8分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室