▼ MENU

Twitterマーケティング戦略と有効活用方法

2015年4月21日

 

意外とまだまだ有効活用できる

 

こんにちは。
Catch the Webの喜多村です。

 

 

最近は急に寒くなったり、
暖かくなったりと気温差が激しいですね。

 

 

体調を崩さないようにしてください。

 

 

今日は、セミナーで大阪にいます。

 

23日には東京でも行います。

セミナーの案内は、後ほど。

 

 

今日は、Twitterの有効活用についてご説明します。

 

 

Twitterを何に使うのか

 

 

Twitterがもてはやされてからしばらく経ち、
みんなの注目は、LINEやYoutube、

インスタグラムに移ってきているかもしれません。

 

 

しかし、まだまだTwitterも顕在です。

 

 

機械のようにしゃべるアカウントが増えたとはいえ、
ふつうに使う人も多くいます。

 

 

データでは、国内だけで2000万人以上が

アクティブに利用しているとされています。

 

 

これは、日本国民の6分の1です。

 

 

では、これだけ可能性のあるTwitterを何に使うのか。

 

 

1つの集客チャネルとし、
ブログメディアと連動したり、
無料メルマガ・無料相談につなげるのが効果的です。

 

 

Twitterは、気軽に使えて、
簡単にコミュニケーションを取れるのが魅力ですが、
140文字までしか使えないため、

いきなり売ることには向いていません。

 

 

Twitterをどのように運用すべきか

 

Twitterが流行り始めた頃なら、
価値のある情報を伝えるbotアカウントでも
反応が取れていました。

 

 

しかし、今は機械のようなアカウントが急激に増えており、
反応が取れなくなってきています。

 

 

同じようなものが増えれば、
自然とそうなりますよね。

 

 

これは、Twitterに限ったことではありません。

 

 

今は価値のある情報を伝えるだけでなく、
しっかりと他のユーザーと

コミュニケーションを取ることが必要です。

 

 

Twitterはそもそもコミュニケーションを取るためのツールだから、
これこそが本質的な使い方と言えるでしょう。

 

 

 

他には、Twitter広告も有効です。

 

 

まだまだTwitter広告の有効性に

気づいている人は多くありません。

 

 

 

ライバルが増える前に、使い始めましょう。

 

 

他のユーザーに絡む

 

機械のようにしゃべってない人に出くわしたら、
眼光鋭く、絡みましょう。

 

 

アイコンは笑顔で。

 

 

自分から絡まないと

コミュニケーションはなかなか発生しません。

 

 

他人の投稿にコメントを付けてリツイートしたり、
お気に入りに入れたりしましょう。

 

 

 

そうすると、あなたの存在に気づいてもらえます。

 

 

さらに、

気づいてくれた人はあなたのツイートを
リツイートしたり、

お気に入りに入れてくれるかもしれません。

 

 

これは返報性の法則を狙ったものです。

 

 

続けること

 

 

Twitterも他のものと同様、
コツコツと続けていくことが大切です。

 

 

1つのアカウントを運用し続けることで、
後々大きなパワーを発揮します。

 

 

 

めげずにあなたのキャラクターを出して、
運用を続けていきましょう。

 


アーカイブ

2021

最新記事

湘南WEB通信メルマガ登録

本社

〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-7-9
フォーレ湘南台5階

TEL:(代表)0466-21-8884

お問い合わせはコチラ

湘南台駅より徒歩5分

静岡オフィス

〒417-0052

静岡県富士市中央町3丁目2-1 シゲノブビル3 206号室